借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

1位 樋口法律事務所

過払い報酬 20%
任意整理 着手金(債権者1件につき)39,800円
対応エリア 全国対応
電話相談 0120-796-690
公式サイトへ

2位 RESTA法律事務所

過払い報酬 20%
任意整理 着手金(債権者1件につき)39,800円
対応エリア 全国対応
電話相談 0120-804-608
公式サイトへ

3位 アヴァンス法務事務所

過払い報酬 16%〜18%
任意整理 139,000円〜254,000円
対応エリア 全国対応
自己破産 250,000円 その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね20,000円前後)がかかります。
公式サイトへ 女性専用窓口はこちらへ

債務整理やその種類について

最近は、クレジットカードやカードローンなどの信用取引が増加しています。それにともなって、支払いが難しくなり法的な借金整理をされる方も多くなってきました。法的な借金整理は債務整理と呼ばれており、弁護士や司法書士に依頼しておこないます。

債務整理をおこなうには、まず相談する弁護士や司法書士事務所をインターネットの各事務所サイトをしっかり見て探しましょう。最近では、借金の無料相談が可能な事務所が多くなっています。

依頼する事務所が決定したら、債務整理の種類を代理人と相談して決めていきましょう。債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがあります。

任意整理は、裁判所を通さずに代理人と債権者が交渉をおこなっていきます。代理人と債権者は、債務者が借金を分割して返済する為に毎月支払い可能な金額や返済期間、利子の有無などについて話し合いをおこないます。

個人再生は、代理人が裁判所に申し立てをおこない債務者の債権者への債務を大幅に免責してもらいます。債務者は、債権者へ長期の分割払いで免責後の減額された借金を返済していきます。自己破産は、代理人が裁判所に債務者の破産申立書を提出して全ての借金をなくす手続きになります。

個人再生と自己破産は、国が発行する官報に債務者の住所氏名が掲載されます。また、債務整理をおこなった方は全員ブラックリストに載ります。ブラックリストに載る期間は、任意整理の場合は5年間、個人再生と自己破産の場合は10年間です。任意整理や個人再生をおこなう為には、安定した収入が必要です。自己破産は、不動産や車を手放す必要があります。

詳細はこちらへ➡債務整理の口コミ・評判ランキング

過払い金請求と10年の壁

過払い金請求においては、10年という年月が1つの壁となります。10年を経過すると時効に掛かる事から、過払い金が実際にあったとしても請求が無効になってしまう為です。

ところで借入金の返済というのは、一括で支払っていない限りはある程度の期間に跨っているものです。過払い金が発生するようなケースでは、期間があるが故の利率計算が問題となっている訳であり、ほぼ間違い無く返済に関する取引は数ヶ月〜数年に渡っています。

このような場合、時効における10年の起算日がどこになるかは注目すべき点となります。

過払い金請求については、この起算日は当該業者との最後の取引日となります。つまり、取引を完済した時の返済日となります。そしてその後に新たな借入・返済があった場合については、それが過払い金の対象となる取引であったか否かには関わらず、その取引の最終回が起算基準となります。

ここから言えるのは、過払い金が発生している取引から10年以上が経過していても、請求の対象になり得る可能性があるという重要な事実の存在です。詳細については専門知識が問われる部分も多く、過払いの有無も含めて専門家の視点を通して置く事は欠かせないと言える訳です。

債務整理の中の任意整理

債務整理という借金の整理方法の中で、もっとも利用されているのが任意整理となります。そのほかの債務整理の方法である、自己破産や個人再生と比較すると、裁判所が介入しませんので、手続きを比較的簡単に行うことができます。自己破産や個人再生は、裁判所での手続きを要しますので、裁判所に提出する書類を用意する必要があります。

任意整理は、弁護士や司法書士などの法律の専門家に、依頼しなくても行なうことは可能ですが、債権者となる貸金業者が、スムーズに話し合いに応じてくれる可能性は低くなります。また、法律的な知識を必要としますので、任意整理を希望するほとんどの人が、弁護士や司法書士に依頼しているのが実際のところです。

将来利息のカット

任意整理を、弁護士や司法書士に依頼した場合の流れについて、ご紹介します。まず、債権者から開示された取引の明細書を検討します。過払い金が発生している場合には、利息制限法による引き直し計算を行い、過払い金返還請求を行なうことによって、過去に払い過ぎている利息を元本に充当し、借金の額を減らします。次に、将来の利息をカットして分割払いをする交渉を、債権者と行うようになります。

将来利息のカットや、現在よりも低い金額で、毎月返済することができる返済額の実現を目指して、債権者と交渉していきます。将来利息のカットのついては、ほとんどのケースで可能となっています。任意整理の手続き完了後には、将来利息がカットされますので、借金の完済が早くなるというメリットがあります。任意整理は、自由度が高い債務整理の方法となりますので、今ある借金の一部だけを整理するということも可能です。

取り立てがストップする

弁護士や司法書士に、任意整理を依頼した場合には、債権者に対して受任通知が発送されます。この通知によって、債権者からの取り立て行為はストップします。無事に債権者と和解交渉が成立した場合には、和解契約が締結され、任意整理の手続きは完了となります。依頼者は、和解契約書の内容に従って、記載されてる支払い開始日より、返済を開始するよになります。

正社員でなくても、アルバイトの方でも、安定した収入がある方であれば、任意整理は可能です。ただし、無職の場合には、和解交渉は難しくなりますので、無職の方が任意整理を希望する場合には、なるべく早く就職する必要があります。

通常、任意整理では、3年〜5年くらいの期間での返済提案で、和解できる場合が多いのが現状です。ただし、債権者によって対応が異なりますので、さらに長期の返済提案が認められるケースもあります。任意整理の基本的な和解内容については、利息制限法による引き直し計算、将来利息カット(0%)、3年〜5年の分割払いとなります。

債務整理のメリット、デメリット

債務整理とは,簡単に言うと「借金を整理すること」です。債務整理を行うことにより,借金の減額・支払い免除・払いすぎた利息(過払い金)を取り戻すことができます。 債務整理には「過払い金返還請求」「任意整理」「自己破産」「個人再生」の4種類があり,それぞれにメリットとデメリットがあります。

過払い金請求のメリット、デメリット

「過払い金返還請求」とは,本来支払う必要がないにもかかわらず,貸金業者に支払いすぎたお金(過払い金)を返還請求し,取り戻すことを指します。メリットとして,裁判所を通さず交渉を行うため,本人の負担が軽く,周囲に知られることなく払いすぎたお金が返ってくることが挙げられます。一方デメリットとして,請求を行った貸金業者からお金を借りられなくなる可能性が挙げられます。

任意整理のメリット、デメリット

「任意整理」とは,業者との取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15〜20%)により借金を減額したうえで,原則として金利をカットし,元本のみを3年程度の分割で返済する内容の和解を貸金業者と結び,それからは和解内容に従って返金を続けることで,借金を整理することを指します。

メリットとして,過払い金返還請求と同様,裁判所を通さずに手続きが可能なことが挙げられます。また,督促が止まること,職業制限や資格制限がつけられないことも挙げられます。

一方デメリットとして,5年間はブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうため,この間の新規借り入れやカード利用,ローンの組み立てができないことが挙げられます。また,自己破産や個人再生手続きのように,借金の全額もしくは一部が強制的に免除されるということではないため,借金を減額させる効果が高くないことも挙げられます。

自己破産のメリット、デメリット

「自己破産」とは,支払い不能(財産等がなく,支払時期が到来しても,継続して全ての借金を支払うことができない)状態を裁判所に認めてもらい,法律上,借金の支払い義務を免れることを指します。

メリットとして,滞納税金等の支払い義務を除く借金が免除されること,借金が免除されることによって収入を生活費に充てることができるようになることが挙げられます。

一方デメリットとして,10年以内はブラックリストに載ってしまうこと,自己破産の手続き期間中は,職業制限や資格制限がつくこと,原則20万円以上の財産は全て処分されてしまうこと(ただし生活に必要な財産は一定の場合,生活に不可欠な財産は原則として維持できます)が挙げられます。

個人再生のメリット、デメリット

「個人再生」とは,借金返済が困難なことを裁判所に認めてもらい,減額された借金を原則3年かけて分割で返済していくことを指します。

メリットとして,住宅ローンがあっても自宅を手放さずに済むこと,借金が大幅に減額されることなどが挙げられます。

一方デメリットとして,10年以内はブラックリストに載ること,債務整理の中で最も手続きが複雑なため,費用がかかることが挙げられます。

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.