借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

1位 アヴァンス法務事務所

過払い報酬 16%〜18%
任意整理 139,000円〜254,000円
対応エリア 全国対応
自己破産 250,000円 その他、予納金、申立印紙代などの実費(概ね20,000円前後)がかかります。
公式サイトへ 女性専用窓口はこちらへ

2位 樋口法律事務所

過払い報酬 20%
任意整理 着手金(債権者1件につき)39,800円
対応エリア 全国対応
電話相談 0120-796-690
公式サイトへ

3位 RESTA法律事務所

過払い報酬 20%
任意整理 着手金(債権者1件につき)39,800円
対応エリア 全国対応
電話相談 0120-804-608
公式サイトへ

債務整理やその種類について

最近は、クレジットカードやカードローンなどの信用取引が増加しています。それにともなって、支払いが難しくなり法的な借金整理をされる方も多くなってきました。法的な借金整理は債務整理と呼ばれており、弁護士や司法書士に依頼しておこないます。

債務整理をおこなうには、まず相談する弁護士や司法書士事務所をインターネットの各事務所サイトをしっかり見て探しましょう。最近では、借金の無料相談が可能な事務所が多くなっています。

依頼する事務所が決定したら、債務整理の種類を代理人と相談して決めていきましょう。債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがあります。

任意整理は、裁判所を通さずに代理人と債権者が交渉をおこなっていきます。代理人と債権者は、債務者が借金を分割して返済する為に毎月支払い可能な金額や返済期間、利子の有無などについて話し合いをおこないます。

個人再生は、代理人が裁判所に申し立てをおこない債務者の債権者への債務を大幅に免責してもらいます。債務者は、債権者へ長期の分割払いで免責後の減額された借金を返済していきます。自己破産は、代理人が裁判所に債務者の破産申立書を提出して全ての借金をなくす手続きになります。

個人再生と自己破産は、国が発行する官報に債務者の住所氏名が掲載されます。また、債務整理をおこなった方は全員ブラックリストに載ります。ブラックリストに載る期間は、任意整理の場合は5年間、個人再生と自己破産の場合は10年間です。任意整理や個人再生をおこなう為には、安定した収入が必要です。自己破産は、不動産や車を手放す必要があります。

詳細はこちらへ➡債務整理の口コミ・評判ランキング

過払い金請求と10年の壁

過払い金請求においては、10年という年月が1つの壁となります。10年を経過すると時効に掛かる事から、過払い金が実際にあったとしても請求が無効になってしまう為です。

ところで借入金の返済というのは、一括で支払っていない限りはある程度の期間に跨っているものです。過払い金が発生するようなケースでは、期間があるが故の利率計算が問題となっている訳であり、ほぼ間違い無く返済に関する取引は数ヶ月〜数年に渡っています。

このような場合、時効における10年の起算日がどこになるかは注目すべき点となります。

過払い金請求については、この起算日は当該業者との最後の取引日となります。つまり、取引を完済した時の返済日となります。そしてその後に新たな借入・返済があった場合については、それが過払い金の対象となる取引であったか否かには関わらず、その取引の最終回が起算基準となります。

ここから言えるのは、過払い金が発生している取引から10年以上が経過していても、請求の対象になり得る可能性があるという重要な事実の存在です。詳細については専門知識が問われる部分も多く、過払いの有無も含めて専門家の視点を通して置く事は欠かせないと言える訳です。

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.