借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

トップページ » 債務整理後の借金

債務整理後の借金について

債務整理をおこなう事で、今までの借金がどうなるのかわからない方は多くいます。それは、債務整理の方法によっても変わってきます。

自己破産の場合は、すべての借金がなくなります。しかし、ご自身の財産となる不動産や車も手放さなければいけません。個人再生の場合は、裁判所に借金の免責を申し立てるので借金が減額されます。減額された借金を債権者に分割で返済していきます。任意整理の場合は、借金はそのまま残りますが借金に利子がつかない場合が多いです。代理人が債権者と交渉して決定した月々の返済金を支払う事で、借金を長期的に債権者へ返済していきます。

債務整理をおこなう場合は、それぞれのメリットとデメリットを把握して債務整理の種類を選ぶ必要があります。しかし、任意整理や個人再生は安定した収入が今後見込める方しかおこなえません。その為、自己破産の選択しかない方もおられます。しかし、過払い金が発生する方は借金自体がなくなる可能性もありますので自己判断せずに専門家に借金整理を早急に相談しましょう。過払い金は、完済後10年間たつと時効が成立して請求できなくなります。

借金で悩まれている方は、なるべく早く弁護士事務所や司法書士事務所の無料借金相談を利用しましょう。借金問題が解決する事によって、毎月の返済に悩んだり、貸金業者からの支払いの督促に困ったり、将来の金銭的な問題に悩んだりする事もなくなります。インターネットの各事務所サイトなどで、無料相談できる弁護士事務所や司法書士事務所を探しましょう。

債務整理 弁護士 評判 ランキング

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.