借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

トップページ » 特定調停

特定調停について

特定調停は、債務者が簡易裁判所に申し立てをおこない債務者と債権者の借金の減額などの話し合いの仲裁に入ってくれる借金整理方法です。簡易裁判所は、債務者の借金の返済条件の軽減などの話し合いが円滑に進むように債権者に働きかけてくれます。

特定調停の場合では、任意整理の時と同様に債権者の借入を過去にさかのぼり法定金利によって引き直し計算して借金を減額する借金整理方法です。過払い金によって減額された借金は、借金の元本を3年程度の分割にして債務者が債権者へ支払っていきます。

しかし、債権者によっては特定調停に協力的ではない貸金業者もあります。また、取り扱いする簡易裁判所によっても話し合いの内容はさまざまで、任意整理では通常カットされる調停が成立までの間に発生する遅延損害金や将来的な利息を支払う必要がある場合もあります。

特定調停をおこなえる方は、継続して安定した収入があり、3年程度で減額後の借金を返済することができる方です。特定調停のメリットは、借金が減額できる事や場合によっては借金の将来的な利息や延損害金を支払わなくてもよい点です。

また、借金を限定して特定調停をおこなう事ができる事もメリットとなります。さらに、財産を残す事ができる点や特定調停期間中に職業制限がない事もメリットとなります。特定調停のデメリットは、特定調停を申し立てるには申立書や関係権利者一覧表、財産の状況が明らかとなる明細書が必要となる点です。また、簡易裁判所に出向きし、債権者と話し合いをする必要があります。

詳細へ(債務整理をする弁護士の口コミ、評判)

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.