借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

トップページ » 債務整理前に確認する事

債務整理を行う前に確認しておく事とは

ご自身の過去の借入に過払い金が発生している場合は、債務整理をおこなわないでよい場合があります。それどころか、過払い金で借金が相殺され借金自体がなくなる場合もありますし、相殺された後も過払い金が残れば返還金として手に入ることもあります。

過払い金は、貸金業者へ払いすぎた利息の事を言います。もし、過去の借入で法定金利をこえる利率で借入をされていた方は、過払い金を貸金業者へ請求する事ができます。法定金利は、10万円未満は20%、10万円から100万円未満は18%、100万円以上で15%が上限となっています。しかし、完済から10年を経過している場合は時効が成立して請求ができなくなります。

借金が過払い金で相殺できない場合は債務整理扱いとなり、信用情報機関に債務整理情報が5年間記載されます。過払い金が発生しているかについては、ご自身で調べる事ができます。まず、貸金業者に取引履歴を請求します。

各社で請求の仕方は違いますので、インターネットで各社のウェブサイトなどをご覧になって調べてください。取引履歴がご自宅に届いたら、無料の引き直し計算ソフトをインターネットで検索してダウンロードしましょう。

無料の引き直し計算ソフトに、取引履歴の情報を入力するだけで過払い金が発生しているかがすぐにわかります。また、過払い金額も判明します。これらをおこなって、過払い金が発生している場合はご自身で過払い金請求をおこなう事も可能です。また、弁護士や司法書士事務所に依頼する事もできます。

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.