借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

トップページ » 過払い金請求と消滅時効

過払い金請求と消滅時効

消費者金融などに利息制限法を超えて払い過ぎた利息が過払い金です。過去に消費者金融などと取引をしたことがある場合、過払い金が発生している可能性があります。しかし過払い金請求をすることでそれが戻ってくる可能性もあります。

ただし消滅時効があり、過払い金があっても何もしないままでいると請求する権利を失ってしまいます。その期間は10年と決まっています。ここでポイントになるのはいつから数えて10年かということですが、消滅時効の起点になるのは、最後に取引をした日です。つまり過払い金請求ができるのは、取引をした最後の日から数えて10年以内ということになります。これを過ぎてしまうと請求ができなくなってしまいます。

取引をした最後の日とは、借入金の返済がすべて終わった日、完済した日ということです。完済して10年経っていないなら請求可能です。また、仮にまだ返済中ならこの消滅時効そのものが始まっていなことになります。

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.