借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

トップページ » 任意整理

任意整理について

任意整理とは、取引開始時期にさかのぼって法定金利による引き直し計算をおこなって借金を減額できる方法です。つまり、過払い金請求によって借金を減額します。しかし、任意整理をおこなう方には条件があります。それは、継続して安定した収入があり、減額後の借金を3年程度で返済できる方です。

任意整理をおこない、過払い金で借金を相殺できずに残った残債については通常金利をカットして借金の元本のみを3年程度の分割で毎月返済していきます。もちろん、過払い金が発生しない場合も同じです。

任意整理は、ご自身が依頼された弁護士や司法書士が代理人となり各貸金業者とでおこなう和解交渉となります。和解交渉によって、月々の返済額や返済期間、金利のカットなどが決定されます。和解交渉後にご自身と貸金業者の和解契約を代理人によって結ぶ事で、和解内容に従ってご自身が返済を続ける借金整理の方法です。

任意整理をする事によって、任意整理をおこなわない場合よりも借金が少なくなります。借金が少なくなる理由は、例え過払い金が発生しなくても将来的に発生する金利や遅延損害金をカットできるからです。

任意整理をおこなうメリットは、借金の減額ができ財産の処分などをおこなわなくてよい点です。また、今後特定の職業につけなくなる資格制限などがありません。さらに、国が発行する官報に氏名や住所が記載されない点もメリットです。

また、特定の借金を選んで任意整理をおこなえる点もメリットでしょう。任意整理のデメリットは、通常借金の元本全額を返済する事です。また、信用情報機関に任意整理をおこなった個人情報が5年間記載されます。

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.