借金返済に奮闘中の方へ

債務整理をする事で借金を減額、または完済する事ができます!

トップページ » ブラックリスト

ブラックリストについて

ブラックリストとは、信用情報機関に返済の延滞や債務整理をおこなった個人情報が登録される事を指します。債務整理をおこなうと、任意整理の場合は5年間記載されます。また、個人再生や自己破産の場合は10年間記載されます。

信用情報機関の個人情報は、ローンやクレジットカードの申込審査をおこなう際に必ず各金融業者が確認します。その為、ブラックリストに記載されている期間は新たなローンやクレジットカードの申込審査に通過しにくくなります。

また、債務整理をおこなった各金融業者には債務整理をおこなった個人情報がずっと残る事になります。すると、今後その金融業者やグループ会社のローンやクレジットカードの申込審査をおこなう際には、永遠に影響がでる場合もあります。

ブラックリストに記載される条件は、3カ月間連続して返済日に数日間延滞して支払いをした場合や、返済日から61日以上支払いをおこなわない長期の延滞をした場合です。

つまり、返済日を数日過ぎて返済したとしても3カ月連続していない場合はブラックリストには載りません。しかし、返済するまでは新たにお金を借りる事や買い物で利用できない金融業者がほとんどです。

また、自己破産や個人再生は必ず載ります。また、任意整理後に借金が残っている場合もブラックリストに載る事になります。また現在借入中の金融業者1社でブラックリストに載った場合は、他社の更新審査時に影響が出る場合が多いです。なぜなら、金融業者は契約者の個人情報を定期的に信用情報機関で確認しているからです。

過払い金請求 ランキング 口コミ 評判

Copyright(c) 2016 債務整理、過払い金請求に強い弁護士の口コミ、評判ランキング All Rights Reserved.